NORI's Diary


お気に入りの写真と日記
by nori-yamanaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
My profile
はじめまして。
以前から写真が大好きで、
動物・昆虫・風景を中心に
撮ったりしていました。
5年前にダイビングを始め、
水中写真にも目覚めました。
ブログ初心者ですが、少しでも多くの方に遊びに来ていただけるように楽しいページを作りたいと思います。

■リンク
水中撮影記
福井淳「海中写真館」
沖縄好きのDiverの日記
ともともの「日々勉強」
マリーンプロダクト
into The Blue◇海の中を覗こう◇
YOKOのダイビング日記と愉快な仲間達
深呼吸のススメ
OKINAWA YURUYURU'S DIGITAL PHOTO
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ゴルフ倶楽部
from Golf-Master
こんにちは
from Golf-Master
チャットレディのチップ獲得術
from チャットレディのチップ獲得術
加茂臨海公園 ?の続き2
from 海が好き♪ダイビングも好きな..
なでしこ
from プログラミング言語
幸せいろいろ
from Diary るりすずめ
オイラも混ぜて~♪
from フラプッチ~のダイビング日記。
スケロク ~ポートレート~
from 海でフワフワ。。。
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧


第二にしき?

ご存知、ニシキウミウシですが、図鑑(ウミウシガイドブック②)によると、
1989年に色彩変異によって3タイプに細分されているそうで…。
①細別名:ダイニニシキウミウシ
  青紫の縁取りが線でつながっている。赤味が強く、まだら模様になりにくい傾向あり。
②細別名:ヤマモトニシキウミウシ
  3タイプの中で最も数が少ない。足縁には青紫の縁取りがない。
③伊豆半島で最もよく見られるタイプ

この細分からすると、写真は①のダイニニシキウミウシということになります。
ピンは少し甘いですが、ウミウシの形が『んっ?』って感じで面白かったのと、
青紫の縁取りが綺麗だったので、アップしました。
OLYMPUS C5050 D180×2灯
d0084523_1135846.jpg


by nori-yamanaka | 2006-09-30 01:16 | 伊豆

マスカラブラシ!?

ご存知、ミゾレウミウシです。
なるべくアップで撮ろうと思い、撮ったんです。
写真をずーと見ていると…触角が “ マスカラのブラシ ” に見えません?
夜な夜なこんな事を考えているのは自分だけ?
OLYMPUS C5050 D180×2灯
d0084523_2323556.jpg


by nori-yamanaka | 2006-09-28 23:24 | 沖縄

似てない2匹

1年半程前、パラオで撮った1カット。
どちらもギンガハゼですが、こんなに体色が違う個体もいるんですね…。
黒い個体は、顔はぶさいくでも胸鰭の青がすごく綺麗なんですよね。
たまに、この黄色と黒が一緒に入っている巣穴もありました。
2匹が一緒に顔を出しているカットを狙ったのですが、上手く撮れませんでした。
いつか、再挑戦してみたいと思っています。
黄色と黒のペアの間には、どんな体色の子が生まれるんでしょうね?
Nikon F100 105mm+3倍テレコン Z220×2灯
d0084523_0492938.jpg



d0084523_0494285.jpg


by nori-yamanaka | 2006-09-27 00:51 | その他

宇宙人の捕食!?

ありました!
何がって?
宇宙人( Giant mantis shrimp )の捕食シーン。
マレーシアで買った図鑑の中に連続写真がありました。
あまりきれいではありませんが、スキャンしました。
カマキリのような、大きなカマ。(写真上)
その大きなカマで、獲物を引き寄せて穴に引き込むんです。
それが、ほんの一瞬の間に…
機会があれば、自分でも撮ってみたいです。
《出典》Underwater Malaysia Macrolife
d0084523_22274954.jpg
d0084523_22282275.jpg



by nori-yamanaka | 2006-09-21 22:33 | その他

孔雀

シャコつながりの1枚。
これも2年程前に、カパライ(マレーシア)で撮った1カットです。
現地では “ Peacock mantis shrimp ” と呼ばれています。
孔雀( Peacock )なんて上手いネーミングだと思いませんか?
サイズは18cm くらいなので、下のシャコ( Giant )よりは小ぶりです。
体色も綺麗ですが、卵も綺麗な色なんです。
C5050 D180×2灯
d0084523_21572932.jpg


by nori-yamanaka | 2006-09-21 22:04 | その他

宇宙人襲来!?

これは、2年程前にカパライ(マレーシア)で撮った1枚です。
ガイドさんが、小さな小魚を指示棒に刺し、何やらしきりに砂地を指差すんです。
何かなぁ?と思って、指差す先を覗いてみると…うっ宇宙人?みたいな生物が…。
ガイドさんが、彼の眼の前に小魚を差し出した瞬間、すごい光景を見てしまいました!
カマキリの様な大きなカマを持った彼は、すごいスピードで半身巣穴から飛び出し、
その鋭いカマで小魚を奪い去って行ったのです!
そのスピードは、まさに一瞬!アッという間でした。
現地で購入した図鑑で調べると、Giant mantis shrimp と書いてありました。
更に読み進めると、サイズは…なっナント、30センチ!?
名前の通り、ジャイアントな宇宙人でした。
Nikon F100 60mmマクロ Z220×2灯
d0084523_0331654.jpg


by nori-yamanaka | 2006-09-20 00:36 | その他

律儀な性格!?

写真はご存知、オキナワベニハゼです。
この魚は、3倍撮影を始めた時、初めて見た魚でした。
タイトルにある通り、大変律儀な習性を持っており、我々が近付くと逃げるのですが、
そこからが他の魚とは違うのです。
暫くそのままじっ~と待っていると、1ミリのズレもなく、キッチリもと居た場所へ
戻ってきてくれるんでよ。
なので、高倍率撮影の被写体としては大変有難い魚なんです。
だって、一度ピントを合わせたら、そのままパシャパシャ撮れるんですから…。
なんてダイバー思いの魚でしょうか。
Nikon F100 105mm+3倍テレコン Z220×2灯 トリミング少々
d0084523_234472.jpg


by nori-yamanaka | 2006-09-19 02:22 | 沖縄

小さな命

世の中、紀子様が男児をご出産したというニュースで盛り上がっているようです。
というわけで、今回は『小さな命』というテーマで、クマノミBabyを取り上げてみました。
隣に写っているイソギンチャクの大きさからもお判りの通り、とても小さい子です。
こんなに小さくても親によく似て、姿は立派なクマノミなんですよね。
この子を見つけた時も、元気にイソギンチャクの周りを泳ぎ回っていました。
OLYMPUS C5050 D180×2灯 UCL-165+PCU01
d0084523_23105710.jpg


by nori-yamanaka | 2006-09-11 23:12 | 沖縄

金平糖(こんぺいとう)

イソコンペイトウガニ(大瀬崎)
見たまんま、お菓子の金平糖に似ているのが名前の由来。
もう少し正面からのカットで、バシッと撮りたかったのですが…。
まあ、次回の課題とさせていただきます。
しかし、ほんとに宿主と同じ様な色をしてますよね。
どうして、こうもよく似た色の宿主を彼らは見つけられるのでしょう?
代々、親がそこへ産卵をしているのか、幼生時代にプカプカ漂いながら、
これだ!っていう宿主を見つけて住みつくのか…。謎です。
生き物たちの擬態能力は素晴しいですね。
Nikon F100 Micro 60mm Z220×2灯
d0084523_3144088.jpg


by nori-yamanaka | 2006-09-09 03:16 | 伊豆

しましま

ゼブラガニってほんと、シマウマみたいな模様ですよね。
イイジマフクロウニやラッパウニの“とげ”や“管足”をウニの許可なく勝手に刈り取り、
そこに彼ら(?)は住みついてしまうんですよね。
でも、ウニに住みつく前は、いったい何処で暮らしているんでしょうね?
別のウニに引越しをすることはあるのでしょうか…?
被害者(?)のウニは、何て思っているのでしょうね。
こんな事を真面目に考えるのは自分だけ?
撮影場所:大瀬崎(湾内)
OLYMPUS C5050Z+D180×2灯
d0084523_215052.jpg


by nori-yamanaka | 2006-09-07 01:49 | 伊豆